キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 医療脱毛でVIOラインはどの程度まで脱毛すべき? : 医療脱毛VIOの入門書

医療脱毛でVIOラインはどの程度まで脱毛すべき?

新着おすすめ記事

医療脱毛でVIOラインはどの程度まで脱毛すべき?

医療脱毛でVIOラインの脱毛をするにあたり、どこまで処理するのかは事前に決めておきます。

・VIOラインの脱毛範囲

医療脱毛でVIOラインの脱毛をする時に、どこまで処理するか、これが悩みだという人も多いようです。

Vラインは今までに自己処理をしていることも多いので、あまり抵抗はありません。

しかしIラインやOラインという部位は、デリケートな部分でもあるので、施術の時に見られるのが恥ずかしいという理由があります。

ここはクリニックによって違いもありますが、タオルなどで隠しながら施術をしてもらえるので安心です。

■記事ピックアップ→【健百】女性の2人に1人、「陰毛の全剃り経験あり」 | あなたの健康百科

・ボーボーでも問題ない?

アンダーヘアーは毛が多く、剛毛だという人もいます。

医療脱毛は毛質によって照射レベルを調整できますので、剛毛でもボーボーでも問題なく処理できます。

ただし時間がかかるため、回数は少し多くなる事はあります。

どのくらいかかるのかは初回のカウンセリングである程度見積もりができるので、その時に話し合っておきます。

・まとめ

医療脱毛は医療用レーザーで毛根を破壊する事ができます。

一度処理しておけば毛根は再生されないので、ほぼ永久脱毛と同じ効果が期待できます。

VIOラインのようにデリケートなところは、完了まで何度か通いますが、完了後は自己処理も不要となります。

人気美容外科では口コミなども多いから、体験談をチェックしておくと参考になることも多いです。

1度では完了しませんが、コース完了までやっておくとその後は楽です。